Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
慶大発のEVベンチャー、インホイール駆動を事業化
2009年08月25日

慶応義塾大学の清水浩教授とベネッセコーポレーション、ガリバーインターナショナルなどは24日、車輪にモーターを直接的に搭載するインホイールモーターを搭載した電気自動車(EV)の事業化を進めるための新会社「シムドライブ」(東京都千代田区)を設立したと発表した。

シムドライブの名称は「SHIMIZU In wheel Motor-Drive」に由来する。インホイールモーターは車輪とモーターを直接的に結びつけるためエネルギーロスが少なく、パワートレインが分散するため、デザインの自由度も大きいことが特長だ。

同社は研究開発の推進やメーカーへの技術提供を軸とした事業を展開する予定。EVの量産や販売は行わない方針だ。自動車メーカーや部品メーカーなどと先行開発車を共同開発する際に資金や人員の提供を受け、研究成果を還元する。

2013年を目標にインホイール型EVの量産が開始している状態を目指している。5人乗り乗用車で、電池を除いた車両価格は150万円。10〜12万台の生産規模を見込む。さらに、往年の名車の内外装を活用した「復刻版EV」の開発も検討する。研究開発を進める過程でインホイールモーターの標準化も進め、モジュール化を推進したい意向だ。専用プラットフォームも開発する。

シムドライブの清水浩社長は「インホイール型EVの開発で実用化段階に入っているのは、世界でも当社くらい。日本だけでなく、世界中のメーカーに最高の技術と情報を安価で提供したい」と述べた。

同社長は、インホイール型EVの普及が進んでいない理由について「インホイール型は、ばね下部分の重量が増え、乗り心地に影響するとされていたが、実際に試乗すると問題ない。ばね下部分の重量は1.5倍ほど重くなるが、通常のサスペンションでも乗り心地に影響するほどの差異はない」と説明した。

清水社長は国立環境研究所と慶応大学で30年にわたりEVを研究してきた。2004年には最高時速300キロメートルのEV「Eliica(エリイカ)」を開発したことで知られている。

情報提供:株式会社国際自動車プレスリリース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.