Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
GM傘下のオペル、マグナと露ズベルバンクに売却へ
2009年09月11日

米ゼネラル・モーターズ(GM)の取締役会は10日、傘下の独オペルの株式の55%をカナダ・オーストリア系自動車部品会社マグナ・インターナショナルとロシア国営銀行ズベルバンクの企業連合に売却することで合意したことを明らかにした。ドイツ政府と労働組合がオペルの事業再編に協力することが売却の条件という。欧米の地元各紙が伝えた。

オペル買収レースでは、イタリアのフィアットと北京汽車が途中で脱落。最終候補に残ったベルギーの投資会社RHJインターナショナルの買収案については、オペルの技術がズベルバンクを通じてロシアの自動車メーカーに流出することを懸念するGM取締役の一部が支持していたものとみられる。これについてマグナの代表は10日、技術移転の問題は解決したと述べているが、詳細は明らかにしていない。

■決め手は独政府の後押し
GM取締役会は2日間にわたりオペル売却問題について協議。7月に破産法の手続きを終えたGMはオペルを引き続き保有することも検討していたが、ドイツ政府はメルケル首相を筆頭にマグナへの売却を強力に推奨。シュタインブリュック財務相は、GMがオペルの保有を維持するならオペル支援のために独政府が行ったつなぎ融資15億ユーロ(約2008億6800万円)を返済すべきだと主張していた。

合意内容によると、マグナとズベルバンクがオペルと英ボクソールの株式55%を取得し、オペルの従業員が10%を保有。GMは35%を維持する。ただ、GMは声明の中で「幾つかの鍵となる問題」が残されており、向こう数週間をかけて解決する必要があると説明。この中には、労組が事業継続を可能にするリストラを支持することと、ドイツ政府による最終的な財政支援が含まれる。

GMのヘンダーソン最高経営責任者(CEO)は同日、ドイツ政府に対し、マグナへの売却の意向を電話で伝えた。同CEOは声明の中で、過去数カ月の交渉過程にかかわったすべての関係者、とりわけドイツ政府に感謝するとした上で、今後もオペル、ボクソールと密接に協力し、「インシグニア」や「アストラ」のような優れた車を開発していくと述べた。

メルケル首相はGMの決定を歓迎。自身がマグナによるオペル買収に向け米政府に働き掛けたとの見方を否定し、「正しい決断だった」と述べている。ドイツ政府とGM、マグナが今年5月末に結んだ拘束力のない基本合意によれば、政府が45億ユーロ(約6026億円)の融資保証を行う一方、マグナは最大で5億ユーロ(約669億5600万円)の資金を投じる。さらにマグナはドイツ国内の工場をすべて継続させなければならないとされていた。オペルはドイツと英国、スペイン、ベルギー、ポーランドに工場を保有し、約5万4500人を雇用する。

■英国では雇用不安が再燃
オペルを含むGM欧州事業の売却が決まったことを受け、英国では傘下のボクソールで人員削減が行われるとの懸念が再燃している。マグナは先に欧州全体で1万人規模のリストラが必要で、このうち12%に当たる1200人は英国で行われると警告していた。ボクソールはルートン、エルズミアポートの両工場で5500人を雇用する。


情報源:
(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.