Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
LG化学、低速EVのCT&Tにバッテリー供給
2009年10月21日

LG化学は20日、韓国の電気自動車(EV)メーカー、CT&Tに2010年からリチウムイオンバッテリーを供給すると発表した。CT&Tは低速走行の近隣用電気自動車(NEV)を生産している。

地元メディアによると、LG化学の広報担当者はCT&Tの既存の電気自動車や今後開発する新型車にリチウムイオン2次電池を供給すると説明。バッテリーのサイズなどは現在、協議中と述べ、それ以上の詳細は明らかにしていない。CT&Tに対しては、同じく韓国のSKエナジーもバッテリー供給で交渉中。年間5万個のバッテリーを供給するものとみられている。

CT&Tは、ゴルフ場などで使用されるNEVの世界的メーカー。最高時速40マイル(約64キロメートル)、航続距離80マイル(約129キロ)の2人乗りの低速EV「e―ZONE(イーゾーン)」(日本名:TEYAN)を年間6万台生産し、中国やカナダ、アラブ首長国連邦(UAE)、日本などに輸出している。

年内には米国でも販売する予定で、通常の乗用車に義務付けられている衝突テストにも合格。すでにカリフォルニア州警察に4000台を納入する契約を結んでいる。同警察は、違法駐車車両パトロールに利用する予定。価格は約1万2000米ドル(約106万円)になる見込みという。

市場調査会社によれば、世界の今年のNEV市場は50万台に上り、12年には100万台に倍増する見通し。

■LG化学は米事業拡大
LG化学は現在、現代自動車の小型セダン「アバンテ」のハイブリッド車(HV)にリチウムイオン電池を供給。10年11月からはゼネラル・モーターズ(GM)の初のプラグインハイブリッド車(PHEV)シボレー「ボルト」にも供給を開始する。

同社は米事業の拡張のため、向こう3年間に3億300万米ドルを投じ、ミシガン州ホランにバッテリー工場を建設する計画。来年7月に着工し、13年6月の完工を目指す。


情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.