Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
マレーシアが新自動車政策、エコカー生産にインセンティブ
2009年10月29日

マレーシアの通商産業省は28日、自動車産業振興のための新たな国家自動車政策(NAP)を発表した。地元メディアによると、新NAPには、環境対応車の国内生産を加速するためのインセンティブや自動車輸入許可証(AP)制度の廃止など18項目が盛り込まれており、2010年1月1日から実施される。

現行のNAPは06年3月に導入。完成車(CBU)の輸入関税が大幅に軽減されるなど市場の自由化が進められたが、施行から3年が経過し、自動車産業を取り巻く環境の変化に対応するとともに、新規投資を促進するための新たな方策が求められていた。

■製造関連
製造ライセンス(ML)の一部を解禁した。凍結されていた新MLの発行を以下のセグメントで許可する。▽排気量1800cc以上で価格15万リンギ(約400万円)以上の高級乗用車▽ハイブリッド車(HV)・電気自動車(EV)▽ピックアップトラック▽商用車▽排気量200cc以上の二輪車――。出資比率の制限はなく、外資の100%所有が認められる。

ハイブリッド車とEVの組立または生産のための新規投資については、10年間のパイオニア・ステータス(法定所得の100%免税)または10年間の100%投資税額控除(ITA)が受けられる。電気モーターやバッテリー、バッテリー・マネジメント・システム(BMS)、インバーター、エアコン、コンプレッサーなどハイブリッド車やEVの生産に必要な部品の一部については、10年間のパイオニア・ステータスか5年間の100%ITAが受けられる。ただし、修理・再組立についてのML凍結は維持する。

■輸入関連
中古車(乗用車、商用車、二輪車)の「オープンAP」制度は2015年12月末までに廃止する。特定のメーカーから新車を輸入する「フランチャイズAP」は20年12月末までに廃止する。

現在の輸入関税や物品税の税率は維持する。アセアン自由貿易地域(AFTA)のCKD(ノックダウン車)輸入関税はゼロ、CBU輸入関税は5%に据え置く。過少申告を防ぐため、すべての輸入中古車の価格を公報に掲載。中古の自動車部品・コンポーネントの輸入は2011年6月から禁止する。


■プロトン提携先を模索
国民車メーカーのプロトンについては、国際的競争力を強化し、長期的な存続を可能にすることを目的に、世界的OEM企業と戦略的提携を推し進める。廃車促進政策(Vehicle End of Life Policy)を段階的に導入する。手始めに車齢15年以上の車両については、道路税の更新時に車検を義務付ける。今年9月に導入した排ガス規制「ユーロ2」から11年までにより厳しい「ユーロ4」の導入を目指す。BMWマレーシアは、ユーロ4の導入を歓迎。ブリスコー社長は、高品質の燃料供給を支援する政府の方針を受け、燃費のよい車のマレーシア市場投入を継続すると述べている。

■タイを意識
新NAPの策定に当たっては、東南アジア諸国連合(ASEAN)の自動車市場1位を争う隣国タイも意識したもようだ。国内新車市場では1〜9月の累計でタイの36万6484台に対し、マレーシアが39万7619台と上回っているが、08年の生産台数ではタイが140万台、マレーシアは52万台、輸出台数ではタイが77万5000台、マレーシアが2万台と大きく差をつけられている。

ムスタパ・モハマド通産相は記者団に対し、「タイがもっとよくやっているというのは事実だ」と認めた上で、「マレーシアの自動車産業をより発展させたい」と述べている。

情報源:(株)国際自動車ニュース



営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.