Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
米政府がサイドエアバッグで規制強化へ、横転対策で
2009年12月03日

米国政府の高速道路交通安全局(NHTSA)は2日、サイド・エアバッグについて新たな基準を採用する計画を明らかにした。横転事故による車外放出を防ぐことが目的。業界団体との協議を経て、規制を実施する方針だ。

■2017年から全車種で義務化へ
地元メディアによると、新たに「Ejection Mitigation」という基準を設け、サイズや強度、膨張持続時間などを規定する。窓を全開したときより広い面積で、一定時間の膨張に耐える強度を求めている。

対象となる車種は重量が1万ポンド(約4.5トン)以下。2014年から大手のメーカーに対し販売量の20%、2017年からは全車種で新基準への対応を求める予定としている。ただし、3〜4車種しか生産していないメーカーは対象外とした。

■コストは1台当たり54ドル
NHTSAは新基準を満たす場合にかかる費用を1台当たり54米ドル、業界全体では年間9億2000万米ドルと試算。年間で1万400人が死亡する横転事故での死者数を減らしたい意向だ。サイド・エアバッグを強化することで、年間で死亡者数が402人、重傷者数が302人減少すると予測している。特にシートベルトを装着していない乗員の保護に寄与するとしており、装着している場合でも13%のケースで効果が認められるとした。

横転事故をめぐっては、先ごろフォードが半身不随となった被害者に対して8260万米ドルの懲罰的損害賠償を命じられるなど、米国では深刻な社会問題となっている。ブッシュ前政権は2012年度から横滑り防止装置(ESC)の搭載義務化を定めていた。


情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.