Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
三菱ふそう、ラカバン工場をタンチョンに売却
2009年12月08日

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は7日、タイ・バンコク近郊のラカバン工場をシンガポール企業のタンチョン・インターナショナルに売却すると発表した。同工場は昨年、1500台を生産していた。


タンチョンは引き続き、三菱ふそうのトラックを同工場で生産するほか、タイ国内での販売も行う。タンチョンは2010年1月から生産を開始する。三菱ふそうトラック(タイランド)は段階的に事業を縮小し、2010年中に清算する予定。両社は今後、連携して三菱ふそうのトラックを販売する。

MFTBCのカイ・ウーヴェ・ザイデンフース副社長は、「当社は東南アジアのみならず、アジア全体における力強い長期的な成長を計画している。東南アジア地域における当社の強固な基盤の上に、高品質で効率の良い商用車をお客様へお届けしたい」と述べた。

また、同社の広報担当者は「タイではタンチョンと連携する方が効果的と判断した結果、今回の取引が成立した。タイから撤退するわけではない。タンチョンと連携して、販売を強化していきたい」と説明した。

一方、タンチョンの松尾取締役は「今回の取引は、高水準の製品を引き続き生産することができる当社の力を信頼してもらった結果といえる。当社は、三菱ふそうのタイにおけるトラック事業の成功に貢献することができるだろう」と話している。タンチョンは隣国のマレーシアで日産自動車との合弁会社、日産タンチョン・モーターを運営するなど、日本の自動車メーカーとの協業で業績を伸ばしてきたことで知られている。

情報源:(株)国際自動車ニュース


営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.