Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ロシアが新自動車政策、事業総額1.8兆円
2010年03月08日

ロシア政府は4日、自動車産業の促進策として2020年までに5840億ルーブル(約1兆7721億円)を拠出する計画を承認した。プーチン首相は、近代化を進め、国内メーカーを国際水準に引き上げる目標を掲げている。

地元メディアによると、政府の拠出額は、従来の案では6300億ルーブル(約1兆9116億円)とされていた。だが今回、海外の資産買収費用として割り当てていた約1500億ルーブル(約4550億円)分を削減した。

フリステンコ産業貿易相は、外国メーカーによる投資額を含めると、20年までに総額1兆2000億ルーブル(約3兆6413億円)が自動車産業に投じられることになるとの見通しを示した。これは従来の見込みを6000億ルーブル(約1兆8200億円)下回る。同相は、閣議承認に基づいて戦略を見直し、月内に修正案を公表すると明らかにした。

■アフトワズに追加支援
プーチン首相は昨年12月、国内メーカー最大手アフトワズ(AvtoVAZ)支援のため280億ルーブル(約848億9000万円)を拠出する考えを示していた。

同首相は今回、追加で100億ルーブル(約303億2000万円)をアフトワズのために振り分けたが、事業再編計画が成功裏に終わった場合のみ、資金供与を受けられると条件を設定。アフトワズが抜本的な変革を遂げ、競争力あるクルマを生産する必要があると述べている。アフトワズは今月10日に取締役会を開き、同社の事業戦略を見直す予定。

■買い替え支援策が始動
ロシアでは8日から買い替え支援策が始動する。製造後10年以上たった中古車の所有者は、5万ルーブル(約15万2000円)のクーポンの支給を受けられ、新車に買い替える際にこれを使用することができる。

予算には100億ルーブル(約303億円)が割り当てられており、20万台分のクーポンの発行が可能となる。これとは別に国内1569社のディーラーには、引き取った中古車のリサイクル施設までの輸送費用として総額10億ルーブル(約30億3000万円)が支払われるという。

支援策の期限は11月まで。対象となる10年落ちの中古車の所有者は1400万人に達するため、実際に使用できるのは全体の1.5%未満となる。

ロシアの新車市場は金融危機が発生するまでは高い成長率を誇り、一時はドイツを抜いて欧州1位に浮上するとみられていた。だが、09年の新車販売は前年比49%減に落ち込んでいる。

情報源:(株)国際自動車ニュース



一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.