Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
HVとEVの安全性で新基準、国連機関で採択
2010年03月11日

国連欧州経済委員会(UNECE)傘下の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)は10日、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などに関する初の安全基準を採択したと発表した。EVなどの製造基準などを定めるUNECE規則第100号を改正し、安全基準を新たに盛り込んだ。

新基準では時速25キロメートル以上の性能を持つHVとEV、プラグイン・ハイブリッド車(PHEV)、燃料電池車(FCV)が対象となる。いずれも500ボルト級の高電圧電池が搭載されることから、電気ショックによる危険性に対応した措置について各国の対応に統一性を持たせる狙いがある。

交通事故などの際に人体が電池パックやケーブルの内部といった危険部位に接触する可能性を低減することや、ユーザーの意図に反したパワートレインの始動を防ぐための適切な使用方法を説明する義務、充電中に車両が動き出さないようにするための安全装置のあり方などについて基準を設けた。詳細は英文で http://www.unece.org/trans/doc/2010/wp29/ECE-TRANS-WP29-2010-52e.pdf に掲載されている。

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会(EC)は今回の採択を歓迎する姿勢を示しており、「HVとEVの安全性について従来の自動車と同様の水準を求めるもの」と評価する声明を発表した。

WP29には欧州各国と欧州連合(EU)、ロシアのほか、日本や韓国、タイ、マレーシアなどアジアの国々も加盟。各国ごとに発展してきた自動車に関する規制を調和させることで、メーカーの開発コスト削減や発売時の負担を軽減することが期待されている。

情報源:
(株)国際自動車ニュース


一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.