Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
アイルランド政府、EV購入者に63万円を補助
2010年04月13日

アイルランド政府は12日、電気自動車(EV)の購入者に対し、5000ユーロ(約63万3000円)の補助金を交付すると発表した。さらに自動車登録税(VRT)も免除する。

同国のエアモン・ライアン通信・エネルギー・天然資源相は「アイルランドは交通のエレクトリック・モビリティ化に向けて大きな一歩を踏み出した。2020年までに国内を走行する車両の10%がEVとなることを目指したい」と語った。EV元年となる2011年には2000台の販売を見込んでいる。

同相は12日にルノー・日産アライアンスと同国の電力大手ESBとの3者間でEVの普及に向けた共同声明を発表。日産が2011年初めに「リーフ」を投入し、ルノーが2011年後半に「カングーZ.E.」を発売する。ルノーはさらに、2012年中に「フルエンスZ.E.」を投入する予定で、まずは2011年中にアイルランド国内に100台を先行導入し、走行実験を行う方針だ。

ESBは充電網の整備を進める。2011年12月までに3500カ所の充電施設を設ける予定で、このうち30カ所は急速充電が可能。すでに9カ所で急速充電施設を設置した。

今回の共同声明は、昨年4月に3者が調印した覚書(MOU)に続くものとされる。ルノーのフィリップ・クライン上級副社長は「アイルランド政府とESBのおかげで、EVの普及に必要な条件が整った」と述べ、EVの販売に自信を示した。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.