Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
中国EV産業連盟、10年に13億元の予算割り当て
2010年08月20日

18日に自動車メーカーなど国営企業16社によって設立された電気自動車(EV)普及のための連携組織、「電気自動車産業連盟」に13億元(約163億円)の予算が割り当てられていることが分かった。向こう数年は補助金が継続して支給されるという。19日付地元各紙が伝えた。

中国政府の国有資産監督管理委員会(SASAC)の李委員長は、国営企業がEV開発で有利な立場にあると述べ、電気自動車産業連盟を支援する考えを示した。

電気自動車産業連盟には第一汽車(FAW)や東風汽車、重慶長安汽車といった自動車メーカーのほか、中国石油化工集団や中国海洋石油、国家電網などのインフラ関連企業も参画。同連盟はSASACの所管とされており、加盟各社による研究開発の重複を回避して効率化を図るほか、EV関連事業の上流から下流に至るサプライチェーン網の調整機関としての役割が期待されている。

ただ、招商証券のアナリストは、同連盟がEVの利用促進や業界標準の設定を助けるとしたうえで、中国自動車メーカー最大手の上海汽車や2次電池・自動車メーカーの比亜迪(BYD)が参加していないことにより、自動車産業全体に与える影響が制限されると指摘している。

情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.