Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
米政府が燃費ラベルを見直し、等級化も視野に
2010年09月01日

米政府の運輸省と環境保護局(EPA)は8月30日、自動車の燃費性能を表示するラベルの改定案を発表した。同ラベルの見直しは約30年ぶりで、燃費性能 をA+からDまでの11ランクで等級化する案と、現行のマイル・パー・ガロン(MPG)を中心に掲載項目を増やしたものとを提示している。今後60日間の パブリックコメントを実施し、市民からの反響をみて新ラベルを制定し、2011年中の導入を目指す方針だ。

■ほとんどがB・Cランクに集中
等級案では参考例として、電気自動車(EV)がA+、プラグインハイブリッド車(PHV)がA、トヨタ「プリウス」やホンダ「シビック・ハイブリッド」な どがA−に位置付けられた。このほかフォルクスワーゲン(VW)「ゴルフ」 や日産「アルティマ・ハイブリッド」、トヨタ「ヤリス(日本名:ヴィッツ)」、ホンダ「フィット」などがB+とされている。Bには現代自「エラントラ」と 「ソナタ(2400CC)」、フォード「エスケープ・ハイブリッド(4WD)」、シボレー「マリブ(2400CC)」トヨタ「カムリ(2500CC)」、 ホンダ「アコード(2400CC)」日産「セントラ」などが入った。

全体としてはB〜C+の範囲に大多数が収まっている。小型車はBとB−に500車種以上が集中する一方、スポーツタイプ多目的車(SUV)ではB−とC+ に約300車種が集中するなど、狭い範囲で色分けされた格好だ。等級案ではまた、同じ年式車の平均燃費と比較した5年間の節約額なども記載する。一方、現 行制度に近いMPG案では、アメリカ人消費者に馴染みやすいMPG表記を中心に配置し、1年間の平均燃料費を記載する。また当局では第三のラベル案につい ても引き続き検討を進める。

EPAは公式ウェブサイト( http://www.epa.gov/fueleconomy/ )でコメントの受付を開始した。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.