Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
クライスラー、スターリングハイツ工場で第2シフト導入
2010年12月08日

クライスラーは現地時間の6日、ミシガン州のスターリングハイツ工場で来年の第1四半期中に第2シフトを導入すると発表した。第2シフトの人員は約900人。同日にはクライスラー「200」とダッジ「アベンジャー」の生産を同工場で開始しており、来年からは量産を本格化させる方針だ。

同工場は2009年6月にクライスラーが経営破たんした際には閉鎖が決定していたが、今年7月に存続が決まった。8億5000万米ドルを投じて床面積42万5000平方フィート(約4万平方メートル)の塗装ラインを新設したほか、同工場の近郊でも鍛造工場などを改修した。

工場の存続が決まって以来、従業員の士気も向上しており、これまでにチームリーダークラスだけでも715件以上の改善提案が集まっているという。この結果、販売後3カ月以内に発生する不具合指摘件数は社内最低水準を達成した。

同社のマルキオンネ最高経営責任者(CEO)は「1年半前には閉鎖が決まっていた工場だが、現在は2012年以降の存続が決まっている。クライスラー200とアベンジャーは市場でも適切に認知されると確信している」と述べた。

同工場は1953年の開所で、当初は軍用のジェットエンジンを製造していた。1980年にフォルクスワーゲン(VW)が乗用車工場に転換させたが、3年後の1983年にはクライスラーが買収していた。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.