Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
インド自動車産業にも不況のかげ:タタ自動車工場操業短縮
2008年11月28日

世界的な不況の波がインドの自動車産業にも押し寄せてきている。インドの大手自動車メーカーであるタタ自動車もビハール州南部ジャムシェドプールの工場を11月25-29日の5日間操業停止することを公表した。

タタ自動車は130種類の商用車を製造しており、2トンの軽トラックから、バス、大型トラック、防衛産業用の特殊車両まで、商用車の生産メーカーとしては世界のトップ5社にはいっているが、厳しい経営環境のもと需要と供給の調整をすることが必要だった。

同社は11月5-9日にも5日間工場を閉めており、今月に入り2度目の操業停止を決定したことになる。10月には生産目標を15%減少し、3,000人の臨時労働者を段階的にレイオフしたのだが、11月の急激な需要減退から工場閉鎖を決断した。

ジャムシェドプール工場は、前会計年度(2007年4月-2008年3月)終了時点で年間125,000台の大型車両生産ラインをもっていたが、不況のため、上半期を過ぎた今現在でも50,000台の大型車両を生産するにとどまっている。今回会計年度は150,000台を目標にしているが、現在のような経済状況が続くならば、年産100,000台の製造に達するかどうかという状態だ。これにより、タタ自動車に依存している部品メーカーの70%以上が今回の操業停止に影響を受け、連鎖的に業務縮小においこまれている。

執筆者:(株)ディーアールアイ 小椋貴央

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.