Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
EV開発のアズール、ロンドンに欧州本部を設置
2011年03月16日

電気自動車(EV)とEV部品を開発・製造するアズール・ダイナミクス(Azure Dvnamics)は15日、英国のロンドン北部のアーリントン・ビジネスパークに欧州本部を設置すると発表した。欧州本部はフォード・モーターと共同開発した小型商用EV「フォード・トランジット・コネクト・エレクトリック」の生産や販売、マーケティング活動を支援する。

トランジット・コネクトEVは今年6月に欧州での生産開始が予定されている。昨年12月には米国で生産した車両14台が試験的に輸入されており、実証実験を進めている状態だ。主にトランジット・コネクトの通常エンジン車のユーザーを対象としており、評判は上々だという。

■ジョンソンコントロールズ・サフトの電池搭載
同EVの充電1回当たりの航続距離は80〜130キロメートルで、最高速度は時速125キロ。フル充電に必要な時間は230ボルトの電源で6時間とされる。同EVの開発をめぐっては、2009年11月に英タンフィールド・グループ傘下のスミス・エレクトリック・ビークルズ(SEV)がフォードとの共同開発から撤退。アズールが後を引き継いでいた。

リチウムイオン電池は米仏合弁のジョンソンコントロールズ・サフトが供給する。同社はフォードが11年中に発売する小型車「フォーカス・エレクトリック」などの開発にも参画している。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.