Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
華泰汽車がサーブ救済、1.5億ユーロ投資
2011年05月06日

サーブの親会社であるスパイカー・カーズは3日、中国の華泰汽車からの出資を受け入れると発表した。中国とスウェーデンの政府当局や欧州投資銀行(EIB)の許可もすでに取得したとしている。サーブは資金繰りの悪化による部品供給の停止のため、約1カ月にわたって生産停止に追い込まれているが、ようやく生産再開のめどが立った格好だ。

■スパイカー株の3割取得
華泰汽車の投資総額は1億5000万ユーロ(約175億円)で、このうち1億2000万ユーロ(約140億円)でスパイカー株の29.9%を取得する。残りの3000万ユーロは年利7%の融資とするが、1株当たり4.88ユーロ(約570円)で株式に転換することも可能とされている。

両社はまた、サーブ車の中国生産に向けて、折半出資の合弁会社を設立することでも合意した。地元メディアによると、2013年にもサーブ「9―3」など2車種を中国で生産する方針とされる。華泰汽車の内モンゴル自治区オルドス工場で生産するとみられている。

■決め手はディーゼルエンジン技術
今回の合意を受けてスパイカーのミュラー最高経営責任者(CEO)は「華泰汽車の生産能力とディーゼルエンジン技術が提携先として選ぶ基準になった。華泰からの出資により、サーブの事業計画を遂行することが可能になった」と述べた。一方、華泰汽車のリチャード・ツァン副社長は今回の合意について「サーブが保有する技術や海外での販売網へのアクセスが可能になった」と話している。

サーブは先ごろ、スウェーデンのトロルヘッタン工場をロシアの著名投資家ウラジミール・アントノフ氏に売却した上でリース・バックする再建策で同氏と合意し、スウェーデン政府の許諾も得た。しかし、EIBがアントノフ氏の関与に難色を示したため、暗礁に乗り上げていた。その後は中国のSUVメーカーである長城汽車と交渉中と報じられていた。

華泰汽車は2000年の設立。山東省栄成市とオルドス市に工場を保有する。現在の年産能力は完成車が35万台、ディーゼルエンジンが30万基、オートマチック・トランスミッション(AT)が45万基。15年までにいずれも100万台分に引き上げる目標を掲げている。

情報源:(株)国際自動車ニュース


営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.