Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
米政府が新燃費ラベルを制定、来年から義務化
2011年05月26日

米政府の運輸省(DOT)と環境保護局(EPA)は25日、自動車の燃費性能を表示する新たなラベルを発表した。2012年から販売される2013年モデルの新車から貼付が義務付けられる。当局が燃費ラベルを見直すのは30年ぶりで、ラフード運輸長官は「新ラベルは消費者に燃費性能の情報を分かりやすく提供することで、米国のエネルギー安全保障に寄与する」と述べ、新ラベル制定の意義を強調した。

■等級表示は断念
新しい燃費ラベルは昨年8月に公表された図案に基づいて制定されたが、同図案の目玉とされていた燃費性能をアルファベット1文字のA+〜Dの11等級で表示するデザインは採用されなかった。業界関係者の間では車格の異なる車の燃費性能を画一的に等級化することには無理があるとの反対の声が強く、当局が妥協したものとみられる。

■新ラベルではEVとPHVも燃費換算
新ラベルでは電気自動車(EV)やプラグイン・ハイブリッド車(PHV)の「電費」もガソリンエンジン車と比較可能な表示となった。EVについては充電1回当たりの航続距離と充電に必要な時間が、PHVについてはEVとして走行できる航続距離のほかにEV走行時の燃費とエンジン車として走行した際の燃費が分けて表示される。

また、購入後5年間にどれだけの燃料を節約できるかを、新車の平均燃費と比較して推定した金額や100マイル(約160キロメートル)走行当たりに必要な燃料なども表示される。

ラベル右下にはスマートフォンなどでの読み取りが可能なQRコードも印刷されており、通勤に使用した場合の推計値などのより詳細な情報を入手することができる。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.