Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
積水化学、オランダに第2工場を増設し、合わせガラス用中間膜の原料生産能力を拡大
2008年12月04日

積水化学工業株式会社(社長:大久保尚武、以下当社)の高機能プラスチックスカンパニー(プレジデント:松永隆善)は、合わせガラス用中間膜の原料樹脂生産工場であるオランダ工場に、2系列目となる新ラインを増設する。
同社は、合わせガラス用中間膜の製造・販売をグローバルに展開しており、特に自動車向けの中間膜は世界で42%(2007年度、当社推測)のトップシェアである。

1.背景
積 水化学の中間膜は、アジアを中心とした新興国における自動車生産台数の増加や、自動車1台あたりのガラス面積の拡大に対応して生産量を増加してきた。ま た、車内の快適性向上に寄与する同社の高機能中間膜(遮音膜、遮熱膜、遮音・遮熱膜)への需要は日本や欧米といった先進国を中心に増加している。
現 在、同社の遮音膜は全世界で販売される新車の6台に1台の割合(2008年度見込み、積水化学推測)で採用されており、この割合は年々増加している。この 状況を受け、近年は生産能力の増強を図り、中間膜の高機能化を進めてきた。脂齔??H場には高機能中間膜専用ラインと原料樹脂生産ラインを、また、中国工 場には製膜ラインを増設することを決定している(2008年7月8日発表)。

また、自動車フロントガラス用の新製品を開発し(「ヘッドアップディスプレイ用高機能中間膜」「ルーフ部一体型フロントガラス用中間膜」 2008年10月1日発表)、市場のニーズに応えてきた。

2.オランダ工場 原料樹脂生産ライン増設
現 在、積水化学の中間膜生産工場は高機能中間膜の需要増加を背景に、フル生産を続けている。今後も採用車種の拡大など需要の増加が見込まれる。これを受け、 同社は今後の中間膜の生産能力増強に合わせて、その原料樹脂についても増産する必要があると判断、約100億円を投じ、欧州の原料供給拠点であるオランダ 工場に2系列目となる原料樹脂生産ラインを増設することを決定した。
このライン増設により、2010年7月の稼動時には1,500万台分/年の能力増強を実現する。

[ オランダ工場(原料工場)の概要 ]

・生産品目 : PVB(ポリビニルブチラール)

・生産能力 : 1,200万台分/年 ⇒ 第2ライン稼動後は2,700万台分/年

・敷地面積 : 約1.4万平米

・設   立 :2007年1月

・所 在 地  :オランダ国リンブルグ州ヘレーン市

・運   営 :SEKISUI S-LEC BV(積水化学工業100%出資)

情報源:積水化学プレスリリース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.