Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
米部品デーナが中印で増資と買収
2011年07月07日

自動車部品大手の米デーナ・ホールディングは6日、中国とインド市場での一層の成長を目指すため、増資と買収を行ったと発表した。商用車用アクスル(車軸)の中国合弁事業である東風デーナ・アクスル(DDAC)の持ち分を50%に引き上げ、インドではアクスルス・インディア(AIL)の商用車用アクスル事業を買収した。

■デーナ最大のアクスル製造拠点に

デーナは1億2400万米ドルを投じて東風汽車からDDAC株46%を追加取得し、対等の所有権を達成。DDACの特別収益目標が達成された場合は販売奨励協定によってデーナの支払額は最大で2000万米ドル増えることになる。DDACの2010年の売上高はトラック、バス市場の好調、特に主要顧客の東風汽車に支えられて、約10億米ドルとなった。

デーナのロジャー・J・ウッド社長兼最高経営責任者(CEO)は「中国のバス、トラック市場とパートナーの東風の好調さが続いている。今回の決定は中国市場で機会を求め、世界的に拡大するための新たな重要なステップだ」と語っている。

湖北省襄陽に本社を置くDDACは05年に設立され、東風汽車に対するトラック用車軸の中心的サプライヤーとなっている。現在は、軽量、中・大型トラック、バス向けのドライブ、スティアー、タンデム、ハブリダクション・アクスルなどを供給している。今回の追加出資に伴い、DDACはデーナにとって最大のアクスル製造拠点となる。

デーナは1991年から中国での生産を開始。DDACのほか、オフハイウエー・アクスル、ドライブシャフト、トランスミッション、商用車用ドライブシャフト、小型車用アクスルとドライブシャフト、熱管理製品を製造している。

5月には江蘇省無錫で技術センターの建設を開始。同施設は電気自動車(EV)の電池クーラーを含むドライブライン、シーリング、熱管理製品の研究、設計、開発、テストを行う。11年末までに全面稼働する見込みだ。

■AILの商用車用アクスル事業を買収
インドでは1300万米ドルを投じ、AILの商用車用アクスル事業のドライブヘッド製造、最終組立部門を買収した。アクスル・ドライブヘッドにはピニオン、リングギア、ディファレンシャル・ロック、ベアリング、潤滑油ポンプ、アクスル・ハウジング内のヨークが含まれる。

AILの商用車用アクスル事業の主要顧客はアショク・レイランドとマヒンドラ&マヒンドラ(M&M)で、年間売上高は約5000万ドルに上る見込み。デーナとインド企業2社の合弁事業であるAILは、デーナを含む顧客のためにアクスル・ハウジングの製造を続けるという。

デーナは1965年からインドでの生産を開始。現在では乗用車と商用車、オフハイウエー車市場向けのアクスル、ドライブシャフトの製造を行っている。

情報源:(株)国際自動車ニュース


営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.