Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
「維持費の安い車」ホンダが6部門で受賞
2011年07月27日

自動車情報ウェブサイトの米エドマンズ・ドットコムは現地時間の25日、2011年度の「維持費の安い車賞(Lowest True Cost to Own Awards)」を発表した。高級車ブランドのアキュラを含めたホンダが23部門中の6部門で受賞したほか、トヨタが1部門、日産が1部門、スバルが1部門を制し、日本車が計9部門で受賞する結果となった。

日本メーカー以外では、フォード・モーターとゼネラル・モーターズ(GM)がそれぞれ4部門を制した。クライスラーは2部門、韓国勢は起亜自動車が1部門、欧州勢ではBMWが2部門、フォルクスワーゲン(VW)が1部門で受賞した。

「維持費の安い車賞」は、5年以上の長期保有コストをエドマンズ独自のアルゴリズムで試算した結果によるもので、2010年7月〜11年4月までに販売された2011年モデルが対象となっている。年間で1万5000マイル(約2万4000キロメートル)を走行することを前提としており、減価償却や購入時の金利、税金、保険料、燃料費、修理費などを取り込んだ計算式で算出したとしている。

今回の調査結果について、エドマンズでデータ部門の責任者を務めるダニー・ゾウ氏は「購入後のフリー・メンテナンス・プランの有無が勝敗を分けたケースが目立った。これらのプランは5年間に数百米ドル、数千米ドルもの差を生み出すことになる。セダンの3万〜4万米ドル部門で受賞したフォルクスワーゲン(VW)「CC」は、モデル自体の維持費は競合他社と変わりない数値だった。CCは購入時に3年間または走行距離3万6000マイル(約5万7600キロ)までのフリー・メンテナンス・プランが付いており、これが大きな差につながった」と述べた。

情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.