Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ダイムラー、ハンガリーのケチュクメート工場で戦略小型車を生産か?
2008年12月08日

ドイツのカーメーカー、ダイムラーはハンガリーのケチュクメート(ブタペストの南東80kmに位置する人口10万人の都市)に新しい自動車組立工場を建設することで合意し、投資契約を結んだ。

投資契約の詳細は未だ公表されていないが、ハンガリーのフェレンツ・ジュルチャーニ(Ferenc Gyurcsarny)首相の発言によると、ダイムラーには所得税免除と雇用及び従業員研修に対する補助金などを含めインセンティブパッケージが付与される。

ダイムラーは10月に8億ユーロを投資して、中欧又は東欧に新規工場を建設することを発表していたが、今回正式に内容が確認された。新規工場の建設は2009年の春に着工し、2012年には年産10万台の新工場を稼働させる予定だ。この新工場はハンガリーで最も大きいグリーンフィールド投資の一つで、現地では2,500人の新規雇用を創出すると期待されている。

投資契約の調印は、ダイムラーがドイツ国内最大のシンデルフィンゲン工場(Sinderfingen)の操業を、不況による生産調整のため5週間停止すると発表した翌日におこなわれた。ダイムラーの発表によると、ケチュクメート工場ではメルセデスベンツの新型AクラスとBクラスの小型車モデルを生産し、小型車種を現在の2タイプから4タイプにする計画だ。

ダイムラーは新型小型車の詳細を公表していないが、一つの車種はコンパクトタイプのスポーツ・ユーテリティー車になると噂されており、メルセデスベンツのライバルであるBMWがパリモーターショウ2008に出品したX1(小型SUVで、スポーツ・アクティビティ・ビークルの入門車)の対抗車種と目されている。また計画されているメルセデスのコンパクトカーには4シリンダーのディーゼルエンジンが搭載されるだろう。

燃費の良い小型車の販売増は欧州委員会(EC)の二酸化炭素排出量削減の要望に応えることでもあり、ダイムラーは西ヨーロッパ市場での小型ベンツ(A、Bクラス)の梃子入れに取り組んでいる。欧州委員会は2012年までに新規乗用車からの二酸化炭素排出量を120g/kmに削減することを自動車メーカーに要求している。

注:グリーンフィールド投資とは、外国に投資をする際に法人を新しく設立して設備や従業員の確保、チャネルの構築や顧客の確保を一から行う投資方式のこと。

執筆者:株式会社ディーアルアイ 小椋貴央

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.