Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
裁判所がサーブの保護申請を却下、再建計画を批判
2011年09月09日

スウェーデンのベーネルスボリ地方裁判所は8日、サーブが提出した会社更生法による保護申請を却下した。サーブが7日に提出した再建計画には具体的な資金繰りの方法が記載されておらず、「事業を再建できると信じるに足る内容はない」と判断した。

サーブの親会社である蘭スウェーディッシュ・オートモービル(SWAN、旧スパイカー・カーズ)は地裁の決定を受け、明日にも再建計画の詳細を示した上で上訴する方針だ。

ただ、8月分の給与が支払われていない労働組合側は数日中にもサーブの破産を申請する可能性がある。保護が認められるか、あるいは破産が認められればスウェーデン政府による給与保証制度で賃金が支払われるためだ。上訴の期限は9月29日となっている。

■生命線は中国生産

サーブは裁判所に提出した再建計画の中で、今年5〜6月に相次いで合意した中国の自動車販売大手の厖大汽貿集団(Pang Da Automobile Trade)と自動車メーカーの青年汽車集団(Zhejiang Youngman Lotus Automobile)との資本提携・合弁生産計画について概要を説明。これらの合意は中国政府の承認が必要となっているが、まだ得られていない。

中国政府はかねて国内の自動車メーカーの数が多すぎるとして統廃合を求めており、サーブの現地生産についても難色を示しているもようだ。3社は厖大汽貿と青年汽車が総額2億4500万ユーロ(約267億円)をサーブに出資することや、中国での生産合弁会社の設立などで合意している。

■労組からの破産申請に現実味

厖大汽貿の前に資本提携をすることになっていった華泰汽車との合弁計画についても中国政府からの承認が得られる見通しが立たないとして、サーブ側が提携を解消した経緯もある。こうした背景があることから、裁判所はサーブの再建計画には実効性がないと判断したとみられる。

また、裁判所は中国の提携先からの資金がいつ得られるか不明であり、中国以外からの資金調達手段についても言及していないと指摘し

情報源:(株)国際自動車ニュース



一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.