Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
マツダ、世界最高強度の自動車用高張力鋼板を新型SUV「マツダ CX-5」に採用
2011年10月04日

マツダ株式会社は、住友金属工業株式会社、アイシン高丘株式会社と共同で、世界最高の強度をもつ1800MPa級高張力鋼板を用いた自動車用部材の開発に成功した。新開発したのは、フロントおよびリアバンパーの内側に設置し衝突時に車体が受けるダメージを低減させるバンパービームで、従来の部材に比べると強度は約20%高く、重量は約4.8kgの軽量化を達成している。マツダでは、このバンパービームを取り入れた新世代の軽量高剛性ボディ「SKYACTIV-BODY(スカイアクティブ ボディ)」を、2012年初頭から販売開始する新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」に世界で初めて採用する。

高張力鋼板を自動車の部材に用いると、同じ強度をより薄肉で確保できるため、車体を大幅に軽量化することができる。車体の最前端と最後端に設置されるバンパービームは、重量が走行時の振動やハンドリング性能に大きく影響することから軽量化が重要な部材だが、衝突安全性を確保するための高い強度も求められており、より高強度な鋼板の適用が期待されていた。

一方で、強度が増すと衝突時のエネルギーを吸収する柔軟性は減少する。そこでマツダでは、衝突時に部材がどのように変形するのか検証を重ね、より効率的にエネルギーを吸収するバンパービームの形状を新たに開発した。また、部材のもつ強度を「CX-5」搭載時にも最大限に引き出すために、双葉工業株式会社と共同で溶接条件の最適化を行い、安定した製造技術を確立した。

情報源:マツダプレスリリース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.