Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ヴァレオが電動過給機を事業化、英CPTから買収
2011年12月07日

自動車部品大手の仏ヴァレオは6日、電動スーパーチャージャー事業を買収することで英コントロールド・パワー・テクノロジーズ(CPT)と合意したと発表した。CPTの可変トルク制御システム事業部(VTES)をヴァレオのパワートレインシステムズ事業部に組み入れる。買収価額は公表していない。

CPTが開発した電動スーパーチャージャーはモーターを駆動させることでエンジンの出力やトルクを引き上げる。

排気ガスの圧力を利用する従来型のターボチャージャーに比べてレスポンスが速く、エンジンの回転数が低い状態でも効率的に稼動し、エンジンのサイズを縮小・軽量化する上でも有効だとしている。これらの特長はいずれもエンジンのダウンサイジング化に寄与することから、燃費性能の改善にもつながると強調した。

■業界初の意義を強調
ヴァレオは今回の買収により、電動スーパーチャージャーを自動車メーカーに供給する初の部品メーカーになったと主張。自社で開発したエネルギー回生システムと組み合わせることで、一種のハイブリッド装置のような役割を果たさせることも可能とした。同装置を実現した場合、燃費改善効果は従来比20%に達するとみている。

ヴァレオのジャック・アシェンブロッシュ最高経営責任者(CEO)は「今回の買収により、当社は二酸化炭素(CO2)排出削減技術の世界でユニークなポジションを占めることが可能になった」と指摘。

一方、CPTのニック・パスコーCEOは「ヴァレオとは3年間にわたり、協力して電動スーパーチャージャーの開発に取り組んできた。同システムの潜在性を引き出す上で、ヴァレオは最適な売却先だ」と述べた。

情報源:(株)国際自動車ニュース


一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.