Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
フォードがEV量産を開始、カリフォルニアとNYを優先
2011年12月15日

フォード・モーターは14日、電気自動車(EV)の「フォーカス・エレクトリック」の量産を開始したと発表した。米ミシガン州ウェイン市にあるミシガン組立工場で生産する。

生産予定台数については公表していない。同工場ではフォーカスのEVとガソリンエンジン搭載車も生産するほか、12年からハイブリッド車の「C―MAXハイブリッド」やプラグイン・ハイブリッド車(PHV)の「C―MAX Energi」の生産することになっており、同じ生産ラインで4種類のパワートレインを搭載する車両を生産する初の工場となった。

フォーカス・エレクトリックは、当初にカリフォルニア州とニューヨーク州、ニュージャージー州で発売し、次いで2012年中にデトロイトやロサンゼルス、シカゴ、シアトル、アトランタ、ワシントンDCなど15の大都市で販売を開始する計画だ。

■充電時間の短さを強調
フォードはフォーカス・エレクトリックの航続距離については公表していない。その上で充電1回当たりにかかる時間は電圧240ボルトで約3時間とし、競合となる日産「リーフ」の半分と強調。充電1時間当たりの航続距離は最大30マイル(約48キロ)という数字も同モデルの特長と位置付けた。このため、航続距離は150キロメートル前後と推定される。最高速度は時速84マイル(約134キロメートル)とした。

このほか、同モデルでは昨年4月に発表したマイクロソフト(MS)との共同開発によるEV充電支援アプリケーションも採用された。MSの家庭向け消費電力分析ソフトの「Hohm」を活用したもので、電力が最も安くなる時間帯に優先して充電することができるという。

■電池はボルトと同じ韓国製
フォーカス・エレクトリックのリチウムイオン電池パックは、韓国のLG化学の完全子会社コンパクト・パワー(CPI)が受注している。

CPIはゼネラル・モーターズ(GM)のPHV「シボレー・ボルト」の電池も受注しており、先ごろ米政府の高速道路交通安全局(NHTSA)が実施した衝突実験から2週間後に発火したことで知られている。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.