Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ボッシュが欧亜のブレーキ部品事業売却、買い手は米投資会社
2012年01月12日

ボッシュはドイツ時間の10日、欧州とアジア、南米でブレーキの基本的な部品を生産しているファウンデーション・ブレーキ事業を売却すると発表した。売却先は米ニューヨーク市に本社を置く投資会社KPSキャピタル・パートナーズで、KPSは同事業をグループ傘下の新会社として独立させる方針だ。今年春をめどに譲渡を実施する。売却価額については公表していない。

ファウンデーション・ブレーキはブレーキ構成部品の内、作動系部品を除いたブレーキの制動にかかわる基本的な部品で、ディスクブレーキやドラムブレーキ、パーキングブレーキなどを含む。ボッシュは2009年に北米でのファウンデーション・ブレーキ事業を曙ブレーキ工業に売却しており、その後も北米以外の同事業の売却を模索していた。曙ブレーキとは昨年3月まで北米以外の同事業の売買について交渉を行っていたが、合意できなかった。

■今後はブレーキ制御と補修市場に注力

売買が決まった北米以外のファウンデーション・ブレーキ事業は欧州とアジア太平洋、南米の各地に20カ所の拠点を持ち、このうち15カ所が工場となっている。従業員数は約5200人で、2010年の売上高は8億5000万ユーロ(約829億円)だった。ボッシュは今後、ブレーキ制御システムやブレーキブースターにブレーキ事業の軸足を移すものの、補修部品市場向けのブレーキパッドやブレーキディスクなどの事業については引き続き自社が保有するとした。

KPSでマネージング・パートナーを務めるマイケル・プサーロス氏は今回の取引について「当社は自動車産業に関連する投資案件を数多く手掛けてきた。新会社が持つ顧客からの受注実績や専門知識と当社が持つ資金力を組み合わせることでファウンデーション・ブレーキ業界をリードする企業を創出したい」と述べた。


情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.