Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
EV販売の障害は価格=独部品コンチネンタルが調査
2012年01月17日

独自動車部品大手コンチネンタルがこのほど発表した調査で、ドイツ人の約30%が従来の自動車よりも電気自動車(EV)を運転したいと考えていることが分かった。市場の潜在力は大きいものの、価格の高さが障害になっている。

同社の調査では、ドイツ人の99%がEVの存在を知っており、10人に9人は1日の走行距離が100キロメートルを下回っていた。このことから、ドイツ人の52%は現在市場に投入されているEVで十分、用を足すことができ、将来的に航続距離が最高300キロに延長されれば、ドライバーの97%の需要を満たすことができるという。

また、すでにドイツ人の30%が従来の車よりもEVを運転したいと思っている一方で、43%は購入に至る最大の条件が価格だとしている。

コンチネンタルのデゲンハート最高経営責任者(CEO)は、自動車の購入者は価格に非常に敏感だと指摘。従来の内燃機関を動力とする自動車とEVの価格差が約1万ユーロ(約97万円)あることから、短期的にはEV販売が大きく伸びることはないとしたうえで、サプライヤーと自動車メーカーのコスト削減の努力がEV市場拡大の鍵を握っているとしている。

情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.