Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
1月の豪新車販売4.3%増、SUV人気が追い風に
2012年02月06日

豪州の連邦自動車商工会議所(FCAI)が3日発表した1月の豪州国内の新車販売台数(乗用車、商用車)は、前年同月比4.3%減の7万6783台だった。11年は史上4回目の通年100万台を突破。チャルマーズ最高責任者は、12年が幸先の良いスタートを切ったと述べている。FCAIは通年の販売台数が昨年に続き100万台超を維持すると予想している。

乗用車が前年同月比2.2%減の4万2555台に落ち込んだが、スポーツタイプ多目的車(SUV)が2万2123台と29.8%増を記録。小型商用車は11.1%減の1万403台、大型商用車が29.6%増の1702台だった。

■モデル別1位は「マツダ3」
ブランド別では、1位トヨタが1万4065台を販売し、市場シェアを18.3%とした。2位のゼネラル・モーターズ(GM)系ホールデンは9601台でシェアは11.8%。3位は8479台を販売したマツダでシェア率は11%だった。

地元各mディアによれば、モデル別では、1位がマツダ「マツダ3」で6.2%増の4045台。2位がトヨタ「カローラ」で3383台、3位がホールデン「クルーズ」で2445台。ホールデンの旗艦モデルである大型車「コモドア」は2170台で4位となっており、1978年以降で初めて同社1位の座を明け渡している。

■ホールデンとトヨタが人員削減、豪ドル高響く
ホールデンは1日、南オーストラリア州アデレード工場で140人を解雇すると発表。豪ドル高により輸出が落ち込んだため、コスト競争力を高める必要があると説明した。

同社に先立ち、トヨタ・オーストラリアも先ごろ、ビクトリア州メルボルン工場で350人の雇用を削減することを明らかにしている。トヨタは豪州で約4700人を雇用。同社の自動車生産台数は07年の14万9000台から今年は9万5000台に落ち込むと予想されている。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.