Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
日本自動車部品工業会、平成20年度中間期の自動車部品工業の経営動向を発表
2008年12月15日

(社)日本自動車部品工業会は、正会員企業442社のうち、上場企業で自動車部品の売上高比率が50%以上、かつ前年同期比較が可能な自動車部品専門企業85社の平成20年度中間期の経営動向を各社の連結決算短信(※連結決算を行っていない企業は単独決算短信)により集計・分析した。

<自動車メーカーの状況>
平成20年度中間期の日本経済は、原油・原材料価格の高騰やそれに伴う諸物価の上昇、さらには輸出の鈍化等により景気が低迷し、さらに米国に始まった世界的な景気後退による影響も大きく受けることとなった。このような中で、平成20年度の上期の自動車業界の状況についてみると、国内自動車販売は前年に引き続き主に小型乗用車が大きく減少したこと、また軽自動車についても販売減となり国内販売全体で241万8千台、前年度比2.7%減と2年連続で減少となった。一方で完成車輸出はアジア・中近東を始めとする新興地域向けで増加し前年同期比9.7%増の343万9千台となった。

この結果、国内生産としては579万1千台、前年度比5.6%増となったものの、上期後半からは国内販売が更に減少し、また輸出についても鈍化がみられる。リーマンショック以降の金融危機や、円高、原油・原材料価格の高騰等の諸問題についても当面大幅な好転の兆しもないことから、特に北米を中心に自動車生産は引き続き大幅に減少し、厳しい状況が継続すると考えられる。

<部品メーカーの状況>
このような中で、上記自動車部品メーカー85社の平成20年度中間期の業績は、前年同期比で特に利益項目が大幅にマイナスとなり、以下の通りとなった。

19年度 20年度 前年同期比
売上高10兆7818億円10兆9045億円+1.1%
営業利益6831億円5379億円−21.3%
売上高営業利益率6.3% 4.9% −
経常利益7127億円5867億円−17.7%
売上高経常利益率6.6% 5.4% −
当期利益4070億円3004億円−26.2%
売上高当期利益率3.8% 2.8% −
売上高は、アジア等新興地域での自動車生産拡大を受け、輸出の増加や現地生産拡大への対応はあったものの、北米市場の冷え込みが大きく影響し、前年同期比で+1.1%に留まった。

利益に関しては、昨年度後半からのサブプライムローン問題に端を発する北米市場の大幅な需要低迷や車種構成の変化(小型化)、急激な円高の進行、原油・原材料価格の高騰等経営環境の激変があり、各社の収益を圧迫したことで上期は前年度比で大幅な減益となった。このような中で更に足元ではリーマンショック以降の金融危機、全世界的な景気の後退があり、通期の予想では更に厳しい観測が主流を占める状況となっている。

また、地域別の格差もさらに広がってきており、アジアでは減速感があるものの、今中間期においては増収・増益で推移したが、北米では売上・利益ともに大幅な減少、国内では売上こそほぼ横ばいとなったが利益では大幅な減益となっている。このような結果から、売上・利益を国内・北米に多く依存している企業では非常に厳しく、アジア地域でのオペレーションが多くを占めている企業は比較的業績の悪化を避けうる結果になったと考えられる。

各社販管費の削減等の経営努力はしているとはいうものの、売上原価の大幅な増加があり、これが収支を圧迫している。上期後半では多少の下げ感があるものの、原油・原材料価格の高騰と、それを販売価格に転嫁しきれていないことが大きく影響していると考えられる。

平成20年度通期の各社の業績見通しは、年度当初の予測では売上高は前年度比でほぼ横ばい(全体で100.3%)、全体の営業利益・経常利益でも12〜13%減となっていたが、その後の急激な経営環境の悪化により、収支予測を下方修正する企業も多くあったため、更に厳しい予想となっている。特に下期での落ち込みが大きく、通期予測は大幅な減収・減益となっている。

背景として、売上面では国内需要に好転の兆しが見えないこと、北米では需要そのものの大幅な減少に加え売れ筋車種の小型化傾向による価格の低下が大きく影響していると考えられる。アジアを中心とする新興地域での生産・売上の伸びも足元で軟化基調となっており、他地域での落ち込みを挽回できるレベルにはないと考えられる。

収益面でも売り上げの減少、為替リスクの増大、原材料価格の製品への転嫁が十分に出来ないだけでなくグローバル競争の激化による部品単価の低下等不透明な部分が多く、各社の経営を上期以上に圧迫することが懸念される。

生産量の変動に対応するための体制の見直し(設備投資、生産体制等)や、更なる原価低減施策の実行、技術の再構築等により各社の体力維持・増強を図ることが必要となってくる。


情報源:自動車部品工業会

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.