Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
2月の米新車は16%増、年換算で1510万台に
2012年03月02日

米調査会社オートデータが現地時間の1日発表した2月の米新車販売台数(乗用車と小型トラック)は、前年同月比15.7%増の114万9398台だった。前月の11.4%増に続き米国市場が順調に回復していることが鮮明になった。

季節調整済み年率換算(SAAR)では1510万台となっており、前月の1418万台を大幅に上回った。特に乗用車が好調で23.9%増の49万3979台、ピックアップトラックを含む小型トラックは7.6%増の49万9408台だった。

■クライスラー4割増、GMは1%増にとどまるメーカー別の販売台数は、首位のゼネラル・モーターズ(GM)が前年同月比1.1%増の20万9306台となり、前月の6.1%減からはプラスになったものの、市場全体を大きく下回った。主要メーカーは軒並み2けた増となっており、GMの販売不振が浮き彫りになった格好だ。

2位のフォード・モーターは14.3%増の17万8644台。4位のクライスラーは40.4%増の13万3521台と前月の44.3%増の勢いを維持した。フォードは主力ピックアップトラックの「Fシリーズ」が25.9%増の4万7723台だったほか、乗用車の「フォーカス」が114.6%増の2万3350台、スポーツカーの「マスタング」が98.8%増の7351台と新型車が好調だった。クライスラーもモデルチェンジした乗用車の「200」と「300」がそれぞれ315%増の9717台と480%増の7670台と大きく寄与した。

■起亜とVW、BMWも好調日本勢は、3位のトヨタが12.4%増の15万9423台、5位のホンダが12.3%増の11万157台、6位の日産も15.5%増の10万6731台と上位3社がいずれも10万台を突破。7位の現代自動車が17.5%増の5万1151台だったことで差が開いた。ただし、現代自グループの起亜は37.3%増の4万4038台となっており、両社を合わせると日系大手に匹敵する。

前月に68.2%増を記録したマツダは2月も32.3%増の2万5651台と好調を維持しているが、順位は前月の10位から11位に後退した。フォルクスワーゲン(VW)が33.9%増の3万9273台、BMWも31.4%増の2万6211台となったことでドイツ勢2社が上位10社に入った。

情報源:(株)国際自動車ニュース



営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.