Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ボルグワーナー増収増益、営業益は6割増
2012年03月06日

ボルグワーナーが発表した2011年12月期決算は売上高が25.9%増の71億1470万米ドル、本業の利益を示す営業利益が58.3%増の7億9700万米ドルだった。純利益は45.9%増の5億5000万米ドルとなっている。

ただし、為替差益の影響と11年の第1四半期(1〜3月)に買収したスウェーデンの自動車部品大手ハルデックスのトラクション・システム事業の売上高の分を除くと、売上高の成長率は12%増に低下する。それでも世界の自動車生産台数は1%増にとどまっていることから、歴史的の好業績だったと位置付けた。

同社のティモシー・マンガネロ会長兼最高経営責任者(CEO)は「通期では過去最高の売上高を記録することができた。当社が生産したパワートレイン製品搭載車の生産台数は大きく伸び、結果として世界平均を上回る成長を続けている。売上高に占める第4四半期の営業利益率は12%に達し、昨年の10.3%から大きく伸ばすことができた」と述べた。

■4Qはドライブトレイン事業が好調11年第4四半期は売上高が前年同期比15.7%増の17億7400万米ドル、営業利益が21.7%増の1億9100万米ドル、純利益は8.9%増の1億2200万米ドルだった。

特にトランスミッションを中心とするドライブトレイン事業が好調で、売上高は27%増の5億3400万米ドルとなった。韓国では従来型の変速機、欧州ではデュアルクラッチ・トランスミッション(DCT)が伸びた。ハルデックスの売上高もドライブトレイン事業で計上された。エンジン部門は売上高が11%増の12億4500万米ドルとなっている。

情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.