Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
凌雲工業、自動車ロックの独キーケルトを買収
2012年03月14日

ドイツの自動車ドアロック装置メーカーであるキーケルト(Kiekert)は13日、中国兵器工業集団傘下の自動車部品メーカーである河北凌雲工業集団(Hebei Lingyun Industrial Group)の傘下に入ることが決まったと発表した。

凌雲工業による買収額は公表されていない。キーケルトは150年以上の歴史を誇る部品メーカーであり、2011年には過去最多となる4100万個の自動車ドアラッチ・システムを生産した。売上高は5億ユーロ(約542億円)強に上る。ドイツやチェコ、米国、メキシコ、中国に拠点を持ち、従業員数は約4000人となっている。

主な顧客はフォルクスワーゲン(VW)やルノー、フィアット、PSAプジョー・シトロエン、ゼネラル・モーターズ(GM)といった欧米の自動車メーカーで、日系では日産自動車やマツダとの取引実績がある。また、集中ドアロック・システムを発明したことでも知られており、現在でも850件余りの特許を保有する。

キーケルトの親会社はモルガン・スタンレーやブルーベイ・アセット・マネジメント、シルバーポイント・キャピタルによって構成される投資組合で、2006年に株式を取得していた。同組合は07年から経営を開始し、中国などアジアでの事業展開を強化したことで業績を伸ばしたことが評価され、今回の売却につながったとしている。

■事業規模12億ユーロの大手部品メーカーに買い手の凌雲工業はサイドドア・ビームなどのドア関連部品やドライブシャフト、バンパー、エアコン用ホースなどを生産しており、事業規模は7億ユーロ(約759億円)強。中国国内の40カ所に拠点を保有しており、従業員数は約1万人に上る。

凌雲工業は今後、キーケルトの技術を中国で積極的に導入していく一方、キーケルトの欧州や北米での販売網を活用することで凌雲製品の受注拡大を目指す方針だ。

情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.