Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ダイムラーがハンガリー工場を開所、独工場と鉄道で接続
2012年03月30日

ダイムラーは29日、ハンガリー中部のケチケメート市で新工場を開所したと発表した。同日にメルセデス・ベンツの新型「Bクラス」の生産を開始。当初の年間生産能力は12万台となっている。

同工場への投資額は8億ユーロ(約874億円)に上る。2008年に立地を決定し、4年ほどかけて開所にこぎつけた。現在の従業員数は2500人だが、年内に3000人以上に増やす予定だ。同社のツェチェ最高経営責任者(CEO)はBクラスに続き、同工場で新型の4ドア・クーペを生産すると明らかにした。

■鉄道でマザー工場とリンク

新工場は小型車のマザー工場と位置付けられているドイツ南西部のラシュタット工場と鉄道で接続されることが特長となっている。当面はラシュタット工場でボディーやエンジン、トランスミッションなどの主要部品を列車に搭載してケチケメート工場へ送り込むが、13年にはケチケメート工場で組み上げた完成車をドイツ側に送り返す便も開始する計画となっている。両工場の間を鉄道で結ぶことにより、物流による二酸化炭素(CO2)排出量を年間で6万トン削減することが可能との試算を示した。

ラシュタット工場では昨年9月にBクラスの生産を開始。Bクラスは昨年11月に発売されて以来、10万台超を受注した。小型車ではBクラスに加え、今年も先ごろジュネーブ・モーターショーで初公開した「Aクラス」の投入が予定されている。

■目標は20年に高級車の世界一奪還同社はまた、新工場の開所式典に合わせて投資家やアナリストなどを招き、中長期の経営戦略を概説した。目標は2020年までに高級車市場での世界一奪還としており、特に小型車を強化することで達成したい意向だ。世界販売台数を11年の127万9100台から14年に150万台、15年に160万台まで伸ばす。

ツェチェCEOは「ブランド価値や利益率だけでなく、販売台数でも高級車の世界首位を奪還する」と強調した。ただし、利益率については13年度に売上高の10%を目指すとしている。

環境面では、二酸化炭素(CO2)の平均排出量を現在の1キロメートル走行当たり150グラムから、16年までに同125グラムへ引き下げる。特に新型Aクラスの排出量が99グラムと低いことから、達成は可能とみている。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.