Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ダイムラーが北米バス事業を再編、カナダ工場は閉鎖へ
2012年04月26日

ダイムラーは25日、北米のバス事業を再編すると発表した。カナダ・オンタリオ州ミシサガ(Mississauga)のバス工場を来年にかけて閉鎖し、オリオン(Orion )ブランドのバスの生産を中止する。一方で、米モーター・コーチ・インダストリーズ(MCI)と提携し、ゼトラ(Setra)ブランドの米国とカナダの販売を強化する。

カナダのミシサガ工場では現在、オリオン(Orion)ブランドのバスを製造しているが、25日以降は新規受注を受け付けない。既存の受注分の生産を終え次第、同工場を閉鎖する。米ニューヨーク州オリスカニーの工場は、交換部品の製造と既存顧客のサービスに関連した業務に限定して継続する。両工場の従業員数は計850人。

ダイムラーのバス部門のトップであるシック氏は、工場閉鎖が非常に難しい判断だったとしたうえで、オリオンバスの生産終了の理由として、コスト高と北米市場での販売不振、海外販売の伸び悩みを挙げている。

■MCIの少数株主に

ダイムラーは同日、MCIの少数株を取得することで基本合意したと発表。MCIはダイムラ−のゼトラ「S407」と「S417」の米国とカナダの独占販売権を獲得する。ゼトラの車両はこれまで通りドイツで製造され、北米に輸出される。両社は5月末までに正式契約を交わす見通し。MCIのヘラー最高経営責任者(CEO)は、ダイムラーとの提携により、北米市場での高級長距離バス事業を拡充できると述べている。

米イリノイ州シャインバーグに本社を置くMCIは1933年設立。加マニトバ州ウィニペグと米ノースダコタ州ペンビーナに工場を所有し、米国とカナダに販売・サービス拠点を6カ所置いている。

ダイムラーは2011年に世界全体で3万9740台のバスを販売。売上高は44億1800万ユーロ(約4747億円)に上っている。

■ユーロ6初対応の観光バスを納車

ダイムラーはこのほど、欧州の次期排ガス規制ユーロ6に適合した初の観光バスとなるメルセデス・ベンツ「Travego Edition1(トラベーゴ・エディションワン)」の試験運転プレゼンテーションを実施した。ユーロ6は14年から導入される予定だ。

次世代のトラベーゴは、横滑り防止装置(ESP)、車線逸脱防止装置のほか、メルセデスの「アクティブ・ブレーキ・アシスト2」を採用。エンジンは新型の「OM471」シリーズを搭載し、「X-PULSE」噴射技術の採用により、ユーロ6で強化された窒素酸化物(NOX)の排出基準をクリアするとともに、低燃費を実現した。

最初のトラベーゴ・エディション1は3月末、スウェーデン企業に初の納車を行ったとしている。

情報源:(株)国際自動車ニュース


一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.