Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
4月の米新車販売は2.3%増、年換算は1442万台で好調維持
2012年05月02日

米調査会社オートデータが現地時間の1日発表した4月の米新車販売台数(乗用車と小型トラック)は、前年同月比2.3%増の118万4447台だった。前月の12.7%増からは失速した格好となっている。

このうち、乗用車の販売台数は3.2%増の63万2129台、ピックアップトラックを含む小型トラックは1.3%増の55万2318台だった。ただし、季節調整済み年率換算(SAAR)では計1442万台となっており、前月の1437万台を上回り、年初来の好調を維持した。

■トヨタとクライスラーが好調

メーカー別の販売台数は、トヨタとクライスラー、フォルクスワーゲン(VW)、ダイムラーが大きく伸ばした一方、ゼネラル・モーターズ(GM)とフォードは低迷、その他はほぼ横ばいとなっている。08年のリーマン・ショック以来、販売台数を上乗せし続けてきた現代自動車と起亜自動車も約1%増へと急減速した。

首位のゼネラル・モーターズ(GM)は前年同月比8.2%減の21万3387台となり、前月の1.1%増から大幅に落ち込んだ。2位のフォードも5.1%減の17万9658台と低迷した一方、3位のトヨタは11.6%増の17万8044台、4位のクライスラーは20.4%増の14万1165台と好調だった。

ホンダは2.2%減の12万2012台だったが5位に復帰、このところ好調だった日産自動車は0.3%減の7万1329台で、前月の5位から6位に戻った。

■韓国勢2社ともに失速、VWは絶好調
7位の現代自動車は0.8%増の6万2264台、現代自グループの起亜自動車は1.0%増の4万7550台で9位だった。両社とも過去数年間にわたってほとんどの月で2けた成長を維持してきたが、ようやく息切れし始めたようだ。

一方、フォルクスワーゲン(VW)は好調で27.3%増の4万9295台となった。4月としては1971年以来の好業績としている。


情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.