Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
バイオエタノール「E15」、(米国)カンサス州で販売開始
2012年07月20日

米国のカンサス州にあるPhillip 66給油所(ガソリンスタンド)が15%のエタノールを混ぜた混合ガソリンを通常のガソリン自動車で提供される。給油所はカンサス州カンサス市から西に15マイル(24km)離れたローレンス市に位置し、カンサス大学のある街としても知られている。

いままで、エタノールを混合したガソリンは、全米で30年来販売されているが、混合率は10%までに制限されていた。そのため、E15の販売許可を出すことに関しては賛否両論の激しい議論があった。エタノール燃料賛成論者は海外からの石油依存度を減らし、米国産業をサポートするためにエタノール燃料の拡大を望んだ。一方、反対論者はE15を使用した実証実験が適正になされていなのではないかという疑念と、高いエタノール濃度を含む燃料がエンジンに損傷を与えることを恐れた。

今回、アメリカ環境保護庁(EPA)はオバマ政権の強い意向をうけ、エタノール混合率15%のガソリン(E15)に使用されるエタノールの登録申請を初めて承認した。植物由来のエタノールは再生可能燃料とされ、エネルギー省と農務省は、補助金や融資などで、この次世代燃料を後押ししている。

情報源:Autobloggreen

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.