Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
英国の電気自動車メーカーナイス、販売激減で行き詰まる
2008年12月19日

ロンドンの電気自動車メーカー、ナイス自動車の発表によると、電気自動車の販売台数は前年対比で半分以下になっている。2008年1月から10月までの販売台数は156台に過ぎず、2007年の同月比の374台から58%減少した。ナイス社は2006年に、スポーツ車メーカー、(英)ロータスの元同僚であったJulian WilfordとEvert Geurtsenによって設立された企業で、フランスで製造されたAixam Megaの電気自動車版を販売している。

又同社は2009年度末までに2人乗りののMyCarと5人乗りZe-Oと呼ばれる多目的車を販売するなど商品ラインナップの拡大を予定していた。?だが、今年度の販売台数が1週間に1台以下に落ち込むという最悪な年になったことにより経営陣も再考を余儀なくされてしまった。最も売れているレバ・エレクトリック・カー・カンパニーの電気自動車G-Wizを販売している、Going Green社も大規模な販売減少に喘いでいる。性能が向上し商品ラインナップを増やしたにもかかわらず、2007年度の販売台数は大幅に落ち込んだからだ。

現在、約1,100台の電気自動車が英国の道路では走行している。その多くはロンドン市民によって所有され、渋滞税の免除や、駐車料金無料等の利点から電気自動車に乗り換えられた。しかし、電気自動車市場はロンドン市長ケン・リビングストーン氏が温室効果ガスの排出量120g/km以下のガソリン及びディーゼル車を免税にするという計画でぐらついた。この法案は、4月の選挙でボリス・ジョンソン氏が新市長になったことにより廃案になったものの、多くの電気自動車の見込み客はすでにいなくなっていた。本年度の6月に、ロンドン市は電気自動車の駐車料金免除の決定を覆すことによって、電気自動車の販売にさらなる打撃を与えた。駐車料金免除による控除は、ロンドン市内の年間駐車料金で4,000ポンドに相当していた。

またG-WizやMega Cityのような車は安全面に関しても批判を受けている。この二車種は両方とも原動機付き四輪車であって、FiestaやCorsaのような衝突試験を受けた認定車ではない。BBC 放送の番組、「Top Gear」などで指摘されたように、衝突時におけるプロテクション面で疑問が残る。

注1:英国、ロンドン市のリビングストン市長がロンドンの渋滞緩和対策としてロンドン中心部に乗り入れる車両から通行料を徴収する制度の導入を2003年2月17日から実施している。

注2:BBC Top GearはBCCが1977年より放送している自動車部番組。新車情報に加え、クルマのラップタイムを比較するコーナーや、自動車を使った実験のコーナー、イギリスの芸能人・著名人などに番組のコースで同じクルマを使ってタイムを競ってもらうコーナーなど番組独自のコースで様々なコーナーを提供している。

執筆者:Dornbusch Consulting代表のマーチン・シュヴェロー氏

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.