Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ボルグワーナー、営業利益率が過去最高水準に
2012年08月20日

自動車部品大手の米ボルグワーナーが発表した2012年第2四半期(4〜6月)決算は、売上高が前年同期比2.1%増の18億5640万米ドル、営業利益は15.2%減の3660万米ドルだった。ただし、営業利益率は第2四半期としては過去最高の12.5%に達したとしている。純利益は25.6%減の1億2060万米ドルだった。

上半期(1〜6月)の売上高は前年同期比6.2%増の37億6890万米ドル、営業利益は2.8%増の4億1920万米ドル、純利益は2.8%減の2億7860万米ドルだった。

主要部門別では、エンジン事業の売上高が前年同期比2.2%減の12億7000万米ドルだった一方、ドライブトレイン事業は12.9%増の5億9400万米ドルと好調だった。特に全輪駆動(AWD)車が世界全体で、従来型トランスミッション部品が北米と韓国で、デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)モジュールが欧州で好調だったとしている。

■成長率予想を下方修正同社はまた、2012年の売上高成長率の予想値を前年比10〜12%増から下方修正し、4〜6%増に引き下げたことを明らかにした。同社のティモシー・マンガネロ会長兼最高経営責任者(CEO)は「欧州市場と世界全体の商用車市場が低迷するとみている。だが、当社は業界をリードする形で成長を達成することができるだろう」と述べた。

情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.