Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
全米高速道路交通安全委員会(NHTSA)の承認とWheego Electric Cars社が直面する経営課題
2012年08月24日

電気自動車ヴェンチャーのWheego Electric Cars社は、大変な困難に直面している。同社は、自社製品の2人乗り電気自動車のWheego Whip LiFeの製造に当たり、アメリカの安全基準であるFMVSS(Federal Motor Vehicle Safety Standard)の基準を満たさなくてはならない。全米高速道路交通安全委員会(NHTSA)はWheegoに対してマイナーな問題は申告しさえすれば、安全基準を満たしと認め、暫定免除を与えていた。Wheegoに認可された最初の免除期間が2012年8月1日で失効し、先週の初め、2度目の暫定免除が与えられた。この暫定免除により2012年12月31日までWheego Whip LiFeを市場で販売することが認められた。

問題は、U$32,995で販売されているWheego Whip LiFe にABS(アンチロックブレーキングシステム)が搭載されてないにもかかわらず、適合するESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)もついていないことにある。また簡易エアバックは2013年2月11日までは適合と認められるが、その後は最新のエアバッグを導入することを全米高速道路交通安全委員会は望んでいる。Wheego Whip LiFeは現在の条件で、1,000台まで生産することを認められているが、このままでは生産中止に追い込まれてしまう。

このような暫定免除はテスラ社のロードスターでも認められていたが、経営資金の乏しいWheego Electric Car社にとっては、与えられた課題を克服するのは大きな障壁である。そのため、全米高速道路交通安全委員会からの承認を取り付けることが、Wheego Electric Car社の最重要経営課題になっている。

情報源:Green Car Report

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.