Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
アズールのEV生産施設が競売に、11月にネット入札
2012年10月18日

資産顧問・競売サービスの米ヘリテージ・グローバル・パートナーズ(HGP)は現地時間の16日、今年3月に破たんした電気自動車(EV)メーカーのアズール・ダイナミクス(Azure Dvnamics)の資産をオンライン競売で売却すると発表した。

売却される資産はカナダと英国、米マサチューセッツ州とミシガン州の施設や商用EVの生産設備、完成車と未完成車のEV、スペアパーツなど。現地時間の11月7日に現地で内覧会を開いた後、太平洋標準時の8日午前0時〜9日午後5時の間にHGPの特設ウェブサイト( http://www.hgpauction.com/?auctionid=275 )でオークションを実施する。同サイトには競売される資産の画像が掲載されており、入札への参加希望者は同サイトを通じて連絡することもできる。

今回の競売で責任者を務めるHGPのデビッド・バークオフ氏は「完成品になっている最新のEV生産設備をグローバルに手に入れることが可能な珍しい機会だ」と話している。

アズールは1997年の設立。フォードの小型商用車「トランジット・コネクト」のEVをフォードと共同開発し、アズールが生産・販売を行っていた。同モデル以外にもシャトルバスや小型トラックのEVやハイブリッド車(HV)も開発していた。


■米政府から2200台受注の実績も2010年末に「トランジット・コネクト・エレクトリック」の生産を開始しており、破たん前の納車実績は500台だった。米国政府からは総額1億1200万米ドルの4年契約で2200台を納入する契約も獲得し、通信大手の米AT&Tなどからも受注していた実績を持つ。だが、今年2月には運転資金が不足し、新株発行による資金調達がカナダのオンタリオ証券委員会(OSC)に認められなかったため、翌月には資金繰りに行き詰まったことで破たんに追い込まれた。

アズールはカナダでは企業債月メ調整法(CCAA)、米国では国際倒産について定めた連邦破産法第15 条の適用を申請していた。

トランジット・コネクト・エレクトリックの充電1回当たりの航続距離は80〜130キロメートルで、最高速度は時速125キロ。フル充電に必要な時間は230ボルトの電源で6時間とされる。

情報源:(株)国際自動車ニュース


一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.