Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
大手リチウムイオン電池メーカーのA123システムズが破産し、ジョンソンコントロールズ社が買収
2012年10月30日

米国の大手リチウムイオン電池メーカー、A123システムズは、10月16日に、米連邦破産法11条の適用申請をデラウェア州の裁判所に提出し、事実上倒産することになった。

A123システムズは、米国の自動車部品大手のジョンソンコントロールズ社が1億2,500万ドルで買収し事業を継続する。

米国でプラグインハイブリッド車の普及を提唱する非営利団体、Plug in AmericaのJay Firedlandディレクターに言わせると、A123システムズの倒産は自然なビジネスサイクルの流れであり嘆くことではないと述べている。

同氏によると、A123システムズは米国の電気輸送システムに大きく貢献したそうだ。2007年にA123がオバマ政権からクリーンエネルギー関連テクノロジー支援プログラムを通じて援助を受ける以前、バッテリー価格は100マイルの航続距離をもつ製品で 33,000ドルしたが、現在では17,000ドルにまで価格が下がった。さらに2015年には10,000ドルにまでバッテリー価格が下がると言われている。

A123システムズは、Navistar International(トラックメーカー)、Orion International(ダイムラーグループのバスメーカー)、BMW、GM、フィスカーオートモーティブなどにハイブリッド車やPHV用の二次電池として、リチウムイオンバッテリーを納入し、米国政府からは2億4,900万ドルの援助を受け、Livonia 工場とRomulus工場を所有している。

情報源:AutoblogGreen

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.