Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
フォードが英で2工場の閉鎖を決定、1400人を削減
2012年10月26日

フォード・モーターは25日、英国南部サウサンプトン近郊の完成車工場とダゲナム(Dagenham)のスタンピング部品工場を2013年に閉鎖し、合わせて1400人の人員を削減すると発表した。同社は現在、英国内で1万1400人を雇用している。

■トランジットの生産はトルコに移管
サウサンプトン郊外のスウェイスリング工場では1972年から小型商用車(LCV)の「トランジット」が累計200万台以上、製造されてきたが、次世代トランジットの生産は13年中にトルコへ移管されることになった。

サウサンプトン工場は1953年、ダゲナム工場は1959年の開所で、敷地面積はそれぞれ130万平方フィート(約12万800平方メートル)と134万平方フィート(約12万4500平方メートル)となっている。

同社は24日にもベルギーのヘンク工場を14年までに閉鎖し、4300人を削減する計画を発表したばかりだった。

■35.5万台の生産能力を削減に
今回の英国とベルギーでの生産能力の削減幅は18%、年間35万5000台に相当する。コスト削減効果は年間4億5000万〜5億米ドルに達するとした。閉鎖する3工場の従業員数は計5700人に上る。同社は欧州の新車市場が07年との比較で20%近く縮小したと指摘しており、今回の生産能力縮小は需要の変動に沿ったものと位置付けたい意向とみられる。

フォードの欧州事業は、2012年に15億米ドル以上の赤字を計上する見通し。今後5年以内をめどに黒字化し、営業利益幅にして6〜8%の達成を目指す。販売面では新型の「フィエスタ」や「モンデオ」、「マスタング」「トランジット」シリーズなどを含め、5年以内に15の新モデルを投入することでてこ入れを図る方針だ。

情報源: (株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.