Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
三菱化学とフォルシア、内装部材用バイオ樹脂を開発
2012年11月06日

三菱化学は5日、フランスの自動車部品大手フォルシアと自動車内装部材に使用するバイオプラスチックの共同研究開発を進めることで合意したと発表した。両社は2014年をめどに、自動車内装部材に適した性能を持つ植物原料を用いたポリブチレンサクシネート(PBS)の開発を目指す。

フォルシアは連結売上高世界6位の自動車部品メーカーで、自動車の内装システムに強みを持つ。内装部材については、使用するプラスチックの大部分を植物原料由来へ代替することを目指している。

三菱化学は、石油化学製品の製造で培ったプロセス技術と、多様な高機能樹脂ラインナップに基づく幅広い応用技術を用いて、バイオプラスチックの一種であるPBSの製造・マーケティングを行っている。また、コハク酸を植物原料化したPBSの開発も行っており、多数の特許を利用し、植物原料由来PBS分野でポジションの構築を進めている。

■タイでPBSの新工場も計画同社は、タイのPTTパブリック・カンパニーと折半出資子会社のPTT MCCバイオケムを設立しており、2015年を目標に、タイに年産2万トンのPBSプラントを建設する予定。

植物原料由来のコハク酸については、パイオニアであるカナダ企業バイオアンバーと提携し、高効率な製造プロセスの確立を目指しており、15年にタイで稼働する年産2万トンのPBSプラントでも、原料としてこのコハク酸を使用する計画という。

三菱化学が属する三菱ケミカルホールディングスグループは、25年をめどに、既存の石油由来原料の消費量の20%相当を植物由来に転換することを目標にしているが、フォルシアとのバイオプラスチック共同研究開発提携による自動車分野での本格的な実用化も契機とし、サステイナブルリソース事業の推進を加速する考え。

情報源: (株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.