Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
タイ自動車初期品質、前年を下回る=JDパワー
2012年12月05日

JDパワー・アジア・パシフィックが3日発表した2012年のタイ自動車初期品質調査(Initial Quality Study、IQS)は、全体の平均スコアが前年よりも悪化した。

同調査は新車購入者を対象に、購入後2〜6カ月の車両の初期品質を調査したもの。エクステリア、エンジン/トランスミッション、ドライブ性能、HVAC(冷暖房空調設備)、オーディオ/エンターテインメント/ナビゲーション、インテリア、シート、機能/コントロール/ディスプレー――の8項目について、実際に体験した不具合を指摘してもらい、100台当たりの不具合指摘件数をIQSスコアとして算出する。単位はPP100(Problems per 100 Vehicles)で、数値が小さいほど不具合指摘が少なく、品質が良いことを示す。

12年のタイIQSは、11年10月〜12年7月に新車を購入した人を対象に、今年4〜9月に実施。4674人から回答を得た。

■コンパクトカーの不具合指摘件数が最多
12年の全体の平均スコアは116点で、11年の113点と比べて不具合の指摘件数が増加した。タイ政府の「エコカー」政策の下に生産されたハッチバック車を含むコンパクトカー部門は132点で、部門別で最も不具合指摘件数が多かった。

小型ハッチバック車で最も多く指摘された不具合は、風切り音やブレーキ音の大きさで、これにエアコン関連の不満とトランスミッションの異音が続いた。

JDパワー・アジア・パシフィックのシンガポール事務所のシニアマネジャーであるペン氏は、エコカー政策と初回自動車購入者への補助金政策を受け、タイでは小型ハッチバック車の人気が高まっているとしたうえで、メーカーにとってはほかのセグメントの車と同水準の品質を提供することが重要だと指摘している。

■購入時の販売員の説明が鍵
調査では、新車購入時に販売員から車の機能の説明を受けていた場合の不具合指摘件数が平均114点で、説明を受けていない場合の同165点と比べて少なかったことが分かっている。

JDパワーのペン氏は、特に初回新車購入者の自動車への期待を管理し、品質に関する認識を弱めるうえで、販売員は重要な役割を占めていると指摘。販売前に試乗を実施することが、購入者に車の性能を明示し、正常と異常の区別を明確にする良い機会となると述べている。

不具合を経験していないオーナーの67%が次回も同じブランドの車を「必ず購入する」と回答しているのに対し、一つでも不具合を経験したオーナーの場合は、この割合が55%に下がっている。

情報源:(株)国際自動車ニュース



営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.