Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
青年汽車がスパイカー株29%を取得、合弁生産も計画
2012年12月11日

サーブ・オートモービルの親会社だったオランダの高級車メーカー、スパイカー・カーズはこのほど、サーブが破たんする前に売却・資本提携で合意していた青年汽車集団(China Youngman Automobile Group)との資本提携に改めて合意したと発表した。オランダや中国の政府当局の承認を経た上で発効することになっている。

今回は青年汽車が1000万ユーロ(約10億6500万円)を拠出し、スパイカー株の29.9%を取得する。さらに両社で複数の合弁会社を設立し、新型車の共同開発などを進めることでも合意した。

両社はスパイカーP2P、スパイカー・フェニックス、スパイカー・トレードマークの3社を設立する。出資比率はいずれも青年汽車が75〜80%と多数株主になっており、スパイカーは残りを保有する。

スパイカーP2Pはスパイカー「D8」と呼ばれる高級スポーツタイプ多目的車(SUV)を開発し、2014年末の発売を目指す。当面はオランダ国内で生産する見通しとされる。

2社目のスパイカー・フェニックスはサーブが自主開発したフェニックス・プラットフォームを使用した新型車の開発を進める。3社目のスパイカー・トレードマークはスパイカーの商標を管理することを主要業務とする。

このほか、両社が保有する技術資産などを相互に無償で利用できることやスパイカーの監査役会と取締役会の3分の1に青年汽車が指名する人物を送り込むことなどで合意した。

情報源: (株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.