Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
12年の豪新車販売は過去最高の111万台
2013年01月08日

豪連邦自動車商工会議所(FCAI)が4日発表した2012年12月の国内新車販売台数は前年同月比15.7%増の9万5427台だった。12年通年では、前年比10.3%増の111万2032台となり、最高記録を更新。通算5回目の100万台突破となった。

12月の販売を車種別でみると、乗用車が前年同月比10.6%増の5万618台、スポーツタイプ多目的車(SUV)が同14.2%増の2万5548台、小型商用車が同40.3%増の1万6481台、大型トラックが7.8%増の2780台だった。

12年通年は、乗用車が前年比3.1%増の57万6855台、SUVが同25.3%増の30万5825台、小型商用車が同12.2%増の19万8302台、大型商用車が9.9%増の3万1050台だった。

新車市場のシェアの51.9%を乗用車が占める一方で、SUVのシェアは27.5%と前年から3.3ポイント上昇した。

■ブランド別でトヨタがトップ、マツダが3位に12年のブランド別の販売台数は、トヨタが前年比20.1%増の21万8176台でトップを維持。2位はゼネラル・モーターズ(GM)子会社ホールデンで9.1%減の11万4665台、3位はマツダで17.6%増の10万3886台だった。

4位は現代自動車で5.2%増の9万1536台。トヨタ、フォードとともに豪州に生産拠点を置くフォードは0.9%減の9万408台で5位に後退した。

6位は日産自動車で17.4%増の7万9747台、7位は三菱自動車で3.7%減の5万8868台。8位はフォルクスワーゲン(VW)で22.6%増5万4835台、9位はスバルで18.2%増の4万189台、10位はホンダで18.9%増の3万5812台だった。

■モデル別で「マツダ3」が2連続の1位モデル別では、マツダの「マツダ3(日本名:アクセラ)」が6.5%増の4万4128台を販売し、2年連続で1位。2位はトヨタ「ハイラックス」で12.5%増の4万646台、3位はトヨタ「カローラ」で7.5%増の3万8799台だった。

ホールデンの旗艦モデルである大型乗用車「コモドア」は24.8%減の3万532台で4位。ホールデンの小型車「クルーズ」は13.7%減の2万9161台だった。

■13年の販売予想は107.5万台
FCAIのウェバー最高責任者は、13年には総選挙が予定され、国内メーカーが現在、12年の受注分の生産に追われているため、13年の新車市場が107万5000台にとどまると予想している。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.