Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
トヨタのソリッドステート電池が2020年に実現、リチウムイオン電池の3-4倍の容量
2013年03月14日

トヨタは、リチウムイオン電池には、それほど力を注いでこなかったが、車載電池をリチウムイオン電池の3-4倍の容量を持つソリッドステート電池に置き換える計画を持っている。

トヨタの常務執行役員、鈴木茂樹氏によると、トヨタは2020年までに同じ重量で、リチウムイオン電池の5倍の容量をもつソリッドステート電池の商用化を果たす計画だ。ただ鈴木氏は、その計画の詳細に関しては発表していない。

ソリッドステート電池やリチウムエア電池(金属リチウムを負極活物質とし、空気中の酸素を正極活物質とする、充放電可能な電池)はリチウムイオン電池やニッケルメタル・ハイドレード電池よりも小型化でき、従来の電池で使用するレアアース等の材料等よりも安価な材料で製造できる。

トヨタは何年もソリッドステート電池の研究を続けており、ブラグイン・ハイブリッド市場で競合他社に先行したい考えだ。

トヨタの最終ゴールはガソリン車に匹敵するエネルギー密度をもつバッテリーを作ることにある。

鈴木氏によると、現在のリチウムイオン電池はガソリン車の20%程度のエネルギーしか蓄えることができず、限られた走行距離しか提供できない。

トヨタの目標を実現するにはまだまだ時間がかかるが、ソリッドステート電池やリチウムエア電池はトヨタの追い求めるエネルギーソリューションになるかもしれない。

情報源:AutoblogGreen

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.