Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
インドの自動車耐久品質が低下、不具合件数さらに増加
2013年07月01日

インドで自動車の長期耐久性に関する不具合が多数指摘され、不具合指摘件数が2年連続で増加したことが、JDパワー・アジア・パシフィックの2013年インド自動車耐久品質調査(Vehicle Dependability Study、VDS)によって明らかになった。

■100台当たりの不具合件数が急増
同調査は、新車購入後30カ月から42カ月が経過した時点での車の耐久品質について調べるもので、「外装」「走行性能」「装備品/コントロール/ディスプレイ」「オーディオ/エンターテインメント」「シート」「空調」「内装」「エンジン」「トランスミッション」の9カテゴリーに分類される169の項目について経験したものをユーザーが指摘している。

2013年のインドの自動車耐久品質の不具合指摘件数は全体平均で100台当たり280件となり、2011年の 195件、2012年の225件から大幅に増加した。VDSスコアは 100台当たりの不具合指摘件数によって算出され、スコアが低いほど耐久品質が高い。

今回の調査結果では、モデルの部門ごと、外装やエンジンなどのカテゴリーごとのいずれでも満遍なく不具合の指摘件数が増えており、特定の部門やカテゴリーに集中しなかったことが特徴となった。

JDパワー・アジア・パシフィック・シンガポールのエグゼクティブ・ディレクターであるモヒト・アロラ氏は「メーカー保証期間の延長やメンテナンスサービス特典が減らされる傾向があり、ユーザーが点検などに出す間隔が長期化したことで不具合の指摘件数が増えたのだろう」と述べた。

JDパワーによれば、回答者の43%が予期していなかった修理を必要とする事態を経験しており、この数値は前回調査より4ポイントの増加となった。また、正規サービスセンターに車両を3回以上持ち込んだことがあると回答した割合は倍増しており、この種のユーザーが指摘した不具合件数は100台当たり418件に達した。一方、修理に出したことがないユーザーの指摘件数は174件にとどまっている。

また、今回の調査では正規サービスセンターの利用度が大幅に低下したことも判明した。定期点検・メンテナンスの際に正規サービスセンターを利用した割合は69%となっており、11年度調査時の91%から大幅に低下した。

アロラ氏は「新車を購入したインド人の平均保有期間は5年間であり、調査対象者は乗り換えのタイミングが迫っている」と指摘した。今回の調査では不具合を経験しなかったユーザーは70%が周囲に自身が保有するモデルを推奨すると回答したのに対し、1度以上の不具合を経験したユーザーの場合は同46%に低下したことが分かっている。

■トヨタとスズキが2部門でトップ
今年が6回目となる今回の調査では、トヨタとマルチ・スズキがそれぞれ2部門で首位となった。両社以外ではホンダとフォード、ゼネラル・モーターズ(GM)のシボレーが1部門ずつ首位となっている。

販売台数で国内2位の現代自動車は部門別の首位は獲得できなかったものの、売れ筋のコンパクト部門で2位と3位、高級コンパクト部門で3位に入るなど存在感を示している。


同調査は、09年7月から10年9月の間に新車を購入したユーザーを対象に、13年1月から4月にかけてインドの25都市で調査を実施し、7032人から回答を得た。調査対象となったのは、16ブランドの61モデル。


インド自動車耐久品質調査は、JDパワー・アジア・パシフィックがインド市場で実施する2つの自動車品質調査のうちの1つ。初期品質調査(IQS)は、新車購入後2〜6カ月経過した時点での車の不具合を調べるもので、11月に発表する予定となっている。


情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.