Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
燃料電池の米特許ランキング、1位はGM=パテントリザルト
2013年07月04日

特許分析ソフトウエアや技術力評価指標の開発などを手掛けるパテント・リザルトは3日、米国の燃料電池分野の特許総合ランキングを発表した。2011年7月に実施した調査に続くもので、1980年から2013年5月末までに米国特許商標庁で公開された燃料電池関連の特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」による評価を実施し。特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」を集計した。

■日系3社が上位5位に
これによると、燃料電池関連の特許総合ランキングの1位はゼネラル・モーターズ(GM)で、2位がトヨタ、3位がホンダ、4位がパナソニックとなり、前回に続き、上位5社のうち日本企業3社がランクインした。5位はサムスンSDIで、アジア企業が燃料電池の分野でも米国で積極的に特許を出願していることが明らかになった。


1位のGMは、「燃料電池システムの耐腐食性を向上させるとともに効率的に動作させるための技術」などについて、注目度の高い特許が見られた。


2位のトヨタは2000年代前半から08年ごろにかけて出願件数を大きく伸ばした。注目度の高い特許には「燃料電池用燃料補給システム」などが挙げられる。


燃料電池車(FCV)の共同開発など環境技術でGMとの提携を発表した3位のホンダは、2000年代前半から米国で積極的に特許を出願しており、「燃料電池からの水素漏れを防ぐための技術」などについて、注目度の高い技術が見られるという。

情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.