Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ESIのバーチャルシートソリューション、現代自が応用
2013年08月14日

製造業向けバーチャルプロトタイピングを手掛ける仏ESIグループはこのほど、同社が開発した「バーチャル・シート・ソリューション(Virtual Seat Solution)」を現代自動車が採用し、自動車シートの振動快適性評価を行っていると明らかにした。

同ソリューションは、シートの製造・組立・試験・最適化に特化した統合型のバーチャルプロトタイピングソリューション。現代自は数年前から着座姿勢予測や、着座姿勢での体圧分布、硬さ分布予測など、さまざまなシート設計評価における性能予測に使用している。

■動的な乗り心地も評価ESIはバーチャル・シート・ソリューションの利用範囲を静的な座り心地だけではなく、動的な乗り心地評価も可能にするため、現代自とともに改良を施した。

自動車メーカー各社は従来、テストドライバーによる評価や乗員ボランティアへのアンケート調査などによってシートの座り心地・乗り心地を評価していた。だが、これは主観的な結果につながるうえ、テストドライバーや乗員の体型などに依存し、再現性の面で改善が望まれる領域とされていた。

こうした主観的な評価を定量評価へと改善するため、現代自の技術チームは、乗り心地評価専用の新しいダイナミック・ダミーモデルを開発し、実用化を目指したとしている。

ESIのバーチャル・シート・ソリューションと、現代自のダイナミック・ダミーモデルを組み合わせることで、ダミーを着座させたシートの総合的で完全な動的快適性を仮想的に検証することが可能になるという。

ESIグループは、フランスに本拠を置き、30カ国以上で製品・サービスを提供。世界各地に950人以上の専門技術者を擁している。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.