Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
タイ自動車セールス満足度、トヨタが2年連続1位
2013年09月02日

米系市場調査会社JDパワー・アジア・パシフィックが8月30日発表した2013年タイ自動車セールス満足度(SSI)調査は、トヨタがブランド別の総合満足度ランキングで2年連続の1位となった。総合的なセールス満足度の業界平均スコアは1000点満点中の904点で、前年調査を4ポイント上回った。

同調査は、新車を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を総合的に分析するもので、タイで実施されるのは今回が14年目。12年8月〜13年3月に新車を購入した3612人から回答を得た。調査は今年2〜5月に行われた。

総合的なセールス満足度に影響を与えるのは7つの要素で、タイでは重要なものから▽納車手続き▽セールス担当者▽店舗施設▽販売の開始▽書類作成▽納車時期▽契約――となっている。13年の調査では、「セールス担当者」と「書類作成」を除くすべての要素の満足度が前年を上回った。

同調査では、新車購入者がディーラーを訪れるまでに平均3つのソースから車の情報を得ており、前年の同2.5から増加していることが明らかになった。テレビ、友人・家族、インターネットのうち、特にネット利用が急増しており、新車購入者の45%が事前にネットで調査。12年の33%から上昇している。

■店舗来訪前に決定が8割強
一方で、新車購入者のうちディーラーを訪れるまでに求める車を決めている割合は83%で、前年の79%から上昇。さらに新車購入者の79%は、ディーラーを訪問する前に、すでに決定しているモデル以外を考えていないことも分かった。

JDパワー・アジア・パシフィックのシンガポール事務所のペン氏は、タイの消費者の車に対する知識が増大していると指摘。教育水準の高い若者で占められる自動車初回購入者が増えており、ショールームでセールス担当者と効率的な話し合いができるよう下調べを行うケースが目立っているとしている。

調査対象となった9ブランド中でトップとなったトヨタは、7要素すべてで高い得点を挙げ、前年の調査よりも総合満足度が10ポイント上昇している。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.